カードローンの借入限度額の決まり方

カードローンの借入限度額は、さまざまな要素によって決まってくるため、同じような年齢層の個人であったとしても大幅に異なることがあり、一概にはいえない部分があります。もっとも、貸金業法のなかには総量規制とよばれる規定が設けられているため、絶対的な基準として存在することはたしかです。その内容ですが、借り受ける側の人の年収の3分の1を超えるような融資は、一部の例外を除き、基本的には認められないというものであり、これは複数の業者から借入をしている場合であっても、それらを合計した金額が対象となるものです。ただし、これには例外があり、たとえば銀行のような金融機関の場合には、はじめから貸金業法の適用を受けていませんので、銀行ローンであれば制約なしに借入が可能ということになります。こうした法律上の規制のほかにも、それぞれの業者が独自に審査基準を定めていますので、そのなかで借入限度額の制約を受けることはあり得ます。金額の極端に大きなものを除いて、一般的なカードローンというのは、担保や保証人といったものを別途要求せずに、その人の信用能力に応じてお金を貸し付けるものですので、年収などの信用力を測るものさしによって、限度額はおのずと決まってくる部分があります。また、借りられる枠が大きいからといって、それがかならずしもメリットが大きいものとはかぎらず、場合によっては金利の水準が一般的なものよりも高くなっていることとひきかえということもあり得るものです。