信用情報に傷がつくとは

信用情報とは、銀行カードローン業界、消費者金融キャッシング業界、クレジットカード業界のそれぞれが加盟する個人信用情報機関の総称のことです。それぞれ申し込みの際の審査時にはすべての業界のものをチェックします。以前は、他の業界のものはチェックできなかったので、消費者金融業界のことは銀行には分からなかったりしたのですが、今では相互利用できるようになりましたので、どこかで問題を起こしていればすべて知られてしまいます。
それでは、傷がつくとは具体的にはどういうことなのでしょうか。一つには、大幅な返済の遅延などの金融事故情報のことです。うっかり忘れくらいでは事故としては扱われませんが、2~3か月遅れると長期延滞として扱われます。次に代位弁済です。代位弁済とは債務者に代わって保証会社が返済したケースのことで、これも事故扱いとなります。そして、自己破産、個人再生、任意整理などの債務整理も当然事故扱いとなります。ただし、任意整理の一種となる過払い金返還請求については、完済後のケースや返還金で借入残高がゼロになるケースでは事故扱いとはなりません。過払い金返還請求で事故扱いの任意整理となるのは、借入残高が残る場合のみとなります。
つまり、傷がつくとは、これらの個人信用情報機関に金融事故として記録が残ることとなります。この記録がある限りは、著しく信用がない状態となりますので、一定期間については新たな利用はできないということにあんります。